ABOUT JISSUI SPACEとは

JISSUI SPACE 軌道上実証

OUR SERVICE 事業目的

民生分野の優れた技術を活用した宇宙用部品・コンポーネントの軌道上実証事業を支援します

技術革新による小型衛星の高性能化・低コスト化により、小型衛星が安価に生産可能になりつつあります。小型衛星コンステレーションによる高頻度観測サービス等の新たなビジネスプレイヤーやビジネスモデルが急速に成長するなど、民生分野の優れた技術を活用した低価格、高性能な宇宙用部品・コンポーネントの需要が高まっています。
一方、宇宙用部品・コンポーネントの市場参入には、宇宙空間における稼働実績が不可欠となっており、宇宙空間での使用実績のあるコンポーネントや基幹部品を提供できるサプライチェーンを構築することが喫緊の課題です。本事業では、我が国の中小・ベンチャー企業等の民生分野の優れた技術を活用した低価格・高性能な宇宙用部品・コンポーネントメーカーが国内外の小型衛星市場に参入することにより、国内の宇宙機器産業の持続的な発展を促すため、宇宙用部品・コンポーネントの軌道上における実証事業の支援を行います。

PERIOD 公募期間

令和4年度の公募受付は終了いたしました。
※新規事業の公募はありません
2022年4月8日(金)ー 2022年4月22日(金)17:00必着

INFORMATION SESSION 公募説明会

公募説明会は実施いたしません。

CONTACT お問い合わせ

公募に関するお問い合わせはメールにてお願いいたします。

DECISION 交付決定内容

令和4年度事業の交付決定事業者は以下のとおりです。

【令和4年度 交付決定事業者】

事業者名 補助事業の名称
超小型宇宙利用プラットフォーム確立へ向けた実証事業
パナソニックホールディングス株式会社 車載・5G通信を担うコンポーネンツで構成された大量生産向け超小型人工衛星実証事業

【令和3年度 交付決定事業者】

事業者名 補助事業の名称
株式会社ALE EDTを用いた軌道離脱装置開発事業
株式会社アークエッジ・スペース TRICOM衛星による超小型推進系・通信装置及び軌道上高度情報処理技術の実証事業
原田精機株式会社 超小型衛星の実用化・高度化のための光学系・通信系の実証
株式会社アドニクス
超小型宇宙利用プラットフォーム確立へ向けた実証事業
パナソニック株式会社 車載・5G通信を担うコンポーネンツで構成された大量生産向け超小型人工衛星実証事業